お休みが取れないあなたのための「実務者研修 夜間コース 」

実務者研修 夜間[2019年6月]コースの受講生を募集します!

研修日程

「実務者研修が受けられそうにないから、介護福祉士の受験は無理だ」と困っているあなたへ

ドゥイットは「仕事を休めない」・「欠席せずに受講できるかどうか不安…」という方のための夜間コースを開講します。

実務者研修の大半は自宅学習です。通学(面接授業)は介護過程Ⅲと医療的ケア(演習)のみで、ドゥイットの日中コースの通学日数は10日間です。

〇夜間コースは、1回の講義時間を3.5時間程度にしていますので通学回数は2倍近くに増えますが、仕事を休むことなく終業後の時間を活用して受講することができます。
*通学回数や通学期間・研修効果を考慮し、月に1度1日研修を組み込んでおります。

〇やむを得ない事情で欠席をした場合は、他のコースに振り替えて受講をすることも可能です。追加料金は必要ありません。

週1回(ときどき2回)終業後の時間を確保できれば・・・

そのつもりだけど、間に合うように仕事が終わらないかもしれない。最後まで続けられるのか心配といったことで、受講するのをためらっていませんか?

あなたが今、どうなるかわからない先のことを心配しているのなら、それを理由に研修の受講や国家試験を受けるのを先延ばしにしようとしているのなら、あなたは来年も再来年も同じように悩んで先延ばしをすることになるかもしれません。
そして、何年も経って「あのときに受講をしておけばよかった」と後悔をするかもしれません。
ドゥイットでは、そのような人を何人もみてきました。Aさんの話はこちら

その教訓から、悩んでいるあなたへ提案が3つあります。

1. 週1回あるいは2回、仕事が終わった後に通学しながら研修を受けることを決める。
2. 研修日は〇時〇分に退社することを職場に伝え、業務を終えられるようがんばる。(がんばっていると周囲が応援してくれます)
3. トラブルが起きたときは、研修機関のサポートを利用する

 

始めれば、終わります

まず「研修を受講すると決める」ことです。
そうすれば受講するためにすべきことを考えるようになります。
すると、将来の心配よりもチャレンジするワクワクや自分への期待が大きくなるでしょう。

Let’s do it together!  一緒にがんばりましょう。
ドゥイットは、あなたのチャレンジを全力で応援いたします。

研修に関するご質問やご相談は、お気軽に 📧または ください。

 

実務者研修に関する 

 

修了生の声

夜間コースは昨年、土曜日や日曜日が休みで平日に休みを取ることが難しい職員さんのご要望にお応えする形で、急きょ開催を決めました。以下は、修了生の感想の一部です。

🌻「始めたときは、長い研修期間休まずに受講できるか不安だったけど、途中からリズムができて、久しぶりの勉強も楽しかった」

🌼「先生に『始めれば終わる』と言われて受講を決めたけど、ほんとうに始めたから修了できた。悩んでいる人はとにかく始めてほしい」

🌷「6時の授業開始に間に合うか心配だったけど、がんばったら仕事を終わらせることができるとわかった。職場の上司や同僚が協力してくれてたのも有難かった」

🐕🐕🐕🐕🐕🐕🐕🐕🐕🐕