実務者研修を介護福祉士の受験前に慌てて受講するのはもったいない

実務者研修はいつ受講すればよいのでしょうか?

実務者研修を、「休みが取れないから受講することができない。介護福祉士も今年はあきらめる」とか、「介護福祉士の国家試験を受験するために受ける。通学日数は少ない方がよい」と聞くのですが、それでよいのでしょうか?

実務者研修修了者のキャリア段位は介護福祉士の1つ下『レベル3』の評価で、介護福祉士養成課程と同等とされています。初任者研修やホームヘルパー2級・1級が『レベル1』なのに比べて2段階も評価が高いことがわかります。

memo:実務者研修を修了するメリット

実務者研修は、初任者研修よりも上位に位置づけられていて、修了するとサービス提供責任者になれたり、医療的ケアの実地研修へ進めたり、現場で必要とされる知識や技術を修得できるため、確実にステップアップが図れます。

介護福祉士の国家試験を受けるためには、3年の実務経験が必要ですが、実務者研修は未経験・無資格の人も受講することができます

実務者研修を修了することによって、介護福祉士になる前に処遇が改善されたり就職や転職に有利であったり、仕事に対する意欲が評価されるといったメリットが期待できます。

 

以上から、実務者研修を介護福祉士の受験前に慌てて受講するのはもったいないと考えます。

実務者研修はできるだけ早めに修了しておく

実務者研修は、介護福祉士になる前の期間を有効に活用して早めに受講し、介護現場のリーダーになるための実力をしっかりと修得しておく。そして、介護福祉士国家試験を最短で受験し、介護プロフェッショナルへの道を歩んでいただきたいと思います。

1年に1度しかない介護福祉士国家試験の受験を「休みが取れないから」、「実務者研修が受けられないから」と簡単にあきらめてほしくありません。

いくらがんばっても時間だけは取り戻したり、先取りしたりすることができませんから、「やっぱりあのときに受験しておけばよかった・・・」と後悔しないために、今ががんばるときではないでしょうか。【*Aさんの話はこちら

ドゥイットでは、ゆっくり通学・ゆっくりお支払いプラン ❛ロングランコース❜ を用意しております。お気軽にお問い合わせください。

 

🐕 🐕 🐕 🐕 🐕 🐕 🐕 🐕 🐕 🐕

 

 ❖「ドゥイットの実務者研修の特徴を知りたい その2」は 

 ❖「実務者研修 受講応援キャンペーン」は

 

Follow me